小林敏明教授の「ライプツィヒの街から 32 孫たち のための おせち料理」

こんばんわ!モンです!


いやいやいやいや12月30日、2014年のファイナル・カウントダウンが遂にスタートしたような今日。


昨日とはうって変わって、穏やかな一日<大掃除>にせいを出された方も多かったのではないでしょうか?


ドイツの小林教授から本年最後のレポートが届きましたよ!


それでは!教授、本日もよろしくです!!!



「孫たち」のためのおせち料理
 

前回の渋谷公会堂騒ぎの記事から、あっという間に三ヵ月が経ってしまいました。


途中京大に呼ばれて日本を一週間で往復したりしたのですが、それ以外はただ机に向かい、しかめっ面をしてキーボードを叩いているだけの毎日ですから、これといったネタもなく、ついご無沙汰ということになってしまいましたが、それでも年末年始の挨拶ぐらいは、と思って筆をとりました(こういうの、筆をとるというのかな?)。
 

今年の年末は何をするかというと、「孫たち」のためのおせち料理作りに励みます。僕には本物の孫がいないので、ここ数年知り合いの可愛い子供を勝手に「孫」とみなして、オジーチャンごっこをしています。いまではその数五人ほどになりました。 


自分の子や孫とちがって、この方法がいいのは、勝手に気に入った子を選ぶことができるということです。

自分の子は、そうはいきません。オカチメンコだろうが、ヌケテいようが、自分の子は自分の子です。仕方ありません。


その点、他人の子は便利です。気に入らなければ、生まれても「良かったね、おめでとう」の一言で知らん顔をしていられますし、これと思えば、「僕がオジーチャンになってあげようか」などと甘い声で申し出をします。まず、こう言われて嫌だという人はいません、経験上。
 

ということで、ある日この「孫」の親たちに向かって、「今年は孫たちにおせち料理を作ってプレゼントする」と宣言してしまったのです。酔っ払ってウケを狙っての失言なのですが、もう引っ込みがつきません。


そもそもおせち料理なんて、どうやって作るんだ。 

そこでインターネットを検索して献立作り。


しかし、問題はその情報に見合うような食材がありません。ここは日本食に関しては僻地、寒村、孤島、ぺリフェリともいうべきライプツィヒですから(なんか恨みがこもってますね)。できそうなものをいろいろ考えて、結果到達したのが、次のような献立です。
 

煮しめ、だし巻き卵、なます、鶏のから揚げ、ホウレン草のゴマミソあえ、サツマイモのキントン、中華餅、といったラインナップですが、これで親の方はだませるとしても、肝心の「孫」たちはどうですかねえ。まったく自信ありません。「何コレ」の一言で軽く一蹴されてしまうかも。


今日三〇日から、びくびくしながら今年最後のご奉公です。
 

年が明けると、さっそく例のヒュイの誕生日でまた巻き寿司を作らなければならず、しばらくは料理の毎日になりそうです。
 

では、みなさん、孫のある方もない方も、良いお年を。



教授ありがとうございました!

献立を見るかぎりは、美味しそうなおせち料理が出来そうじゃありませんか。

お孫さんたち喜ぶと良いですね!


教授、本年もお忙しい中のレポート助かりました!

渋谷公会堂の教授の勇姿は眼に焼き付いてますよ(笑)


ご連絡忘れておりましたが(スミマセン)朝日新聞にも「きたやまおさむ」さんの記事に

名前こそ出ておりませんでしたが、教授の事が書かれておりました!


それでは、教授!来年もレポート楽しみにしております。

よいお年をお迎え下さい&おせち頑張って下さいね!


我々オイルライフは、まだまだガンバリ1月3日まで営業中ですよーーー!

詳しい営業時間は コチラ から!


明日も営業中でーす!